店の経営に行き詰った!そんな時飲食店がお金を借りる方法とは

飲食店は厨房機器などの初期投資がとにかくかかりますが、それ以外にも賃料や従業員の給料、そして材料費など毎月出ていく費用も結構あるものです。

しかも、食品の原材料費は経済情勢に応じて迅速な値上げを実施しますので、飲食店の事業主にとってはダイレクトに仕入れ値に反映されてしまうのもつらいところですよね。

お店の経営努力にも限界がある以上、お店の経営に苦しんでいる方も多いでしょう。

そんなとき、まずは銀行から融資を受けるという方法がありますが、銀行の融資は時間がかかるうえに審査もかなり厳しいものです。

事業計画をしっかりと提出していないと、銀行の融資の審査通過は望めません。

銀行がだめなら大手消費者金融!でも簡単にはいかない

それならば、気軽にお金を借りられて審査も厳しくなさそうな大手消費者金融という選択肢もありますが、それほど簡単ではありません。

まず、大手消費者金融では事業目的でのカードローンの融資を行っておりません。

事業者向けのカードローンを展開している大手消費者金融もなくはないですが、それは少数派です。

しかも、大手消費者金融も最近では審査が結構厳しくなっており、「審査がやさしい」という以前のイメージはありません。

ヤミ金じゃなくて街金!小規模な貸金業者に目を向けてみよう

そんなとき、ぜひ選択肢に入れてほしいのが「街金」です。

街金というと、怖いお兄さんがいるイメージがありますが、それは「ヤミ金」です。

大手消費者金融が全国に展開をしているのに対して、街金は地域密着型、もしくは1店舗しかないような小規模な貸金業者です。

ヤミ金の場合、必要以上のお金を貸してはその利息で儲けています、が街金は必要以上の金額を融資したりはしません。

もちろん、街金とて無審査でお金を融資するわけではありません。

飲食店の決算書類や現在の収支状況、そして今後の事業の見通しなどを、提出した書類や面談などで業者は審査をしていきます。

そして、「この人は信頼に足る人だ」と判断されれば、銀行と比べてもはるかに迅速に融資がなされます。

10分程度で融資をしてくれる街金もありますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA