キャッシングで支払い?リボ払いのお金が払えなくなった時の対処法

最近、クレジットカードや消費者金融の返済方法でよく見かけるのが「リボ払い」です。

リボ払いとは、借りたお金を何回かに分けて返済する方法で、この点では分割払いと同じです。

しかし、分割払いが「返済回数が一定で、借りた金額に応じて毎回の返済金額が変動する」のに対して、リボ払いは「毎回の返済金額が一定で、借りた金額に応じて返済回数が変動する」点が大きく異なります。

分割払いは、返済期間は短くなる傾向があるが、毎回の返済金額が多くなる傾向にあります。

一方リボ払いは、返済期間は長くなる傾向にあるが、毎回の返済金額は一定で楽な傾向にあるのです。

リボ払いが分割払いより不利な理由とは?

そしてもう一つ、返済総額の点で、リボ払いは分割払いよりも不利となっています。

多く借りれば借りるほど、リボ払いの返済期間は長くなりますが、その分借りたお金はなかなか減っていきません。

そうなると、残高にかかる利息の金額も多くなり、その結果返済総額が多くなる傾向にあるのです。

このような特徴もあり、リボ払いを選択している人が返済に窮するケースも少なくありません。

リボ払いの返済を消費者金融の借入で充てるのはアリ?

リボ払いの返済が滞るといけないので、他の消費者金融や地域の金融業者からお金を借りて、そのお金を返済に充てようと考える人も多いでしょう。

しかし、消費者金融や地域の金融業者によっては、他の借金を返済する目的での融資を認めていない場合もあります。

仮に認めたとしてもそれは一時しのぎにすぎず、新たな借金を結局は返済していかないといけません。

おまとめローンで借金一本化しよう

そんなときは、銀行などで実施している「おまとめローン」や「借り換えローン」を利用するといいでしょう。

おまとめローンは複数の借金を一本化するもの、借り換えローンは高金利の借金から低金利の借金に借り換えるものです。

消費者金融でも同じようなローンを提供していますが、適用金利が高いのであまり利息を減らすメリットがありません。

しっかりと準備をしたうえでおまとめローンに申し込めば、リボ払いの借金もすぐに完済できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です