ギャンブルでお金を使い果たしてしまったなんて理由でも、お金を借りることはできますか?

ギャンブル自体は個人の趣味の問題なので、これを一概に禁止することはできません。

法律で認められている競馬や競輪などの公営ギャンブルはもちろんですが、「遊戯」扱いのパチンコやパチスロも認められてはいます。

自分にしっかりとした収入があり、余裕のある範囲内でギャンブルを楽しむ分にはどうこう言うこともないでしょう。

ただし、キャッシングをしてまでギャンブルにのめりこむというのは、さすがにおすすめできません。

ギャンブル目的でも金融機関でお金を借りれるが…

銀行のカードローンや大手消費者金融のキャッシング、そして街金では、申し込みをする際に根堀り葉掘りで利用目的を聞くことはありません。

カードローンやキャッシングでお金を借りる際、利用目的として認められないのは、「事業目的」と「他社の借金返済」くらいなものでしょう。

それ以外の目的であれば、旅行や学校、果てはキャバクラやギャンブル目的だって構わないのです。

制度上は、ギャンブル目的でお金を借りることはできますが、その結末は誰もが予想するものです。

お金は借りれる。だけど、早くギャンブル中毒から抜け出そう

競馬やパチンコなどで「勝つ」のはほんの一握りの人、もしくはビギナーズラックがほとんどであり、大半の人がギャンブルで負けることによってビジネスが成り立っています。

負けたことによりギャンブルから足を洗えればいいのですが、ビギナーズラックで勝った人や過去に大勝ちした経験のある人は、その感覚が忘れられません。

当時の再現を狙って次々とお金をつぎ込みますが、結果はなかなか伴いません。

やがてお金が底をつくと、キャッシングしてまでギャンブルをしようとします。

もちろん、負けた分を何とか取り戻そうという気持ちもなくはないのですが、それ以上に「ギャンブル中毒」「ギャンブル依存症」になっている可能性が高いといえます。

ギャンブルで負けてお金が底をついたのであれば、絶対にギャンブルで負けた分を取り戻そうと思ってはいけません。

これで「ゲームオーバー」だと観念をして、ギャンブルからは足を洗うことです。

もうどこもお金を貸してくれない・・・だけどお金がどうしても必要!そんな時どうすれば?

「絶対にお金が必要なのに、銀行や大手消費者金融からお金が借りられない」。

そんな経験はありませんか。

そんなときはつい「ヤミ金」が頭をよぎってしまいますが、ヤミ金からお金を借りては絶対にいけません。

ヤミ金以外にも、お金を貸してくれるところはいっぱいあるのですから。

まずは質屋でお金を借りてみよう

質屋というと、今ではブランド品を買い取って販売する、そんなイメージを持っている方もいるかと思いますが、もともとは貸金業者の一種です。

質屋に商品を持っていき、鑑定した上で貸し出す金額を決定、借りた金額に利息を上乗せして期日までに支払えば、商品が戻ってくるというシステムです。

質屋は商品の管理コストがかかるため、例外的に年20%以上の金利が認められています。

利息は支払いたくなくて、商品も「質流れ」にしても構わないというのであれば、借りたお金も利息も返済しなくていいのです。

少額であればクレジットカード付帯のキャッシングを利用するという手も

クレジットカードについているキャッシングを利用する手もあります。

キャッシング枠は10万円程度と少ないですが、お手持ちのクレジットカードにキャッシング枠がついていれば、特に審査もなくATMを使ってお金を借りることができます。

ちなみに金利は、大手消費者金融並みの年18%程度です。

質屋で金になりそうな商品も持っておらず、クレジットカードにキャッシング枠がついていないときには、大手ではない貸金業者という選択肢も残されています。

中小消費者金融は学生も専業主婦も借りられる!

大手ではない貸金業者には様々な種類があり、学生を専門に取り扱う業者や女性を専門に取り扱う業者など、細分化されています。

学生ならば前者を、専業主婦ならば後者を利用するといいでしょう。

専門的な貸金業者だけに、特定の属性に対するノウハウはかなり蓄積されており、これが実際の審査に大きく反映されます。

銀行や大手消費者金融ならば、「収入がない」という理由で門前払いされそうな専業主婦も、女性を専門に取り扱う大手ではない貸金業者なら、専業主婦への貸し出し実績も豊富。

過去の実績と照らし合わせて「貸しても大丈夫」と判断されれば、専業主婦でも融資をしてもらえます。

借りた会社がヤミ金だった!そんな時はすぐに対処しよう

誰しも「ヤミ金でお金を借りてはいけない」と分かっているでしょう。

しかし、「銀行や大手消費者金融では融資してもらえないので、ヤミ金に手を出した」や「すぐにお金が必要だったので、ヤミ金を利用した」人も少なくはありません。

闇金の恐るべき特徴…絶対借りてはいけない!

ヤミ金がヤミ金と呼ばれる理由は、まず違法金利でお金を貸し付けている点にあります。

法律では、年20%の上限金利を越えた貸付はできないことになっていますが、ヤミ金はそんなことお構いなしです。

また、取り立てがかなり激しいのもヤミ金の大きな特徴。

取り立てに関しても法律で規定がなされており、早朝や深夜の取り立ては禁止されていますが、ヤミ金はそんなこともお構いなしです。

困りに困って警察に相談しても、「民事不介入」を理由に断られるケースがほとんどです。

そんなときでも、決してヤミ金にお金を支払ってはいけません。

借りたお金は返さないといけないといわれていますが、違法金利で貸し付けられたお金は返済の義務がありません。

まずは司法書士や弁護士に相談しましょう

そんなときは、司法書士や弁護士に相談をするといいでしょう。

ヤミ金でお金に窮しているのに、司法書士や弁護士に払うお金がないという方でも、着手金などはかからないので安心してください。

借用書などがあればそれを持っていけば、話がスムーズですよ。

相談が終わって正式に受任契約を済ませると、本人に代わって弁護士や司法書士がヤミ金業者との交渉に臨むこととなります。

ちなみに、受任契約の旨をヤミ金業者に知らせた時点で、違法な取り立てはストップしなければなりません。

事実、ほとんどのヤミ金業者はこの時点で取り立てをストップします。

ヤミ金から借りたお金に関しては、利息はもちろんのこと、元金すら一切返済をしなくてもいいので、弁護士や司法書士はその方向で解決をします。

一切取り立てがなく元金や支払った利息分も返還されれば、最終的な解決となるのです。

弁護士や司法書士への報酬は、完全解決がなされた時点で支払うこととなります。

もう二度とキャッシングできない?ブラックリストに載ってしまった人のキャッシング

よく「ブラックリストに掲載されるとお金が借りられない」といいますが、そもそも「ブラックリスト」とは何なのでしょうか。

消費者金融のキャッシングやクレジットカードなどに申し込むと、貸金業者は「信用情報機関」の登録情報を確認します。

信用情報機関とは、貸金業者が融資をする際に役立つ個人情報を登録している機関のことで、「3か月以上延滞」や「延滞の解消」、「債務整理」に「自己破産」などの情報が登録されています。

上記のような金融事故を起こすと、信用情報機関にその事故の情報が登録されます。

これを俗に、「ブラックリストに掲載される」というのです。

ブラックリストに掲載されたら一生借り入れできない?

ブラックリストに掲載されている間、銀行や大手消費者金融ではお金を貸してくれません。

これはそう決まっているわけではなく、それぞれの銀行や大手消費者金融による「自社基準」です。

過去に金融事故を起こした人は、これからも金融事故を起こす可能性が高いという理由で、上記の貸金業者ではお金を貸してくれないのです。

もちろん、ブラックリストへの掲載は一生消えないわけではなく、最長でも10年間で消えてしまいますので、情報が消えれば銀行や大手消費者金融でも問題はありません。

地元密着型の中小消費者金融であれば貸してもらえるかも?

ではブラックリストの人がお金を借りたい場合、もはやヤミ金に行くしかないのでしょうか。

その前に、「地元密着型の金融業者へ行く」という選択肢もあります。

銀行や大手消費者金融がブラックリストを重視しているのは、属性を重視しているから。

つまり、「掲載されている」属性か「掲載されていない」属性か、これを融資の際の基準としているのです。

しかし、地元密着型の金融業者ではその人の属性や過去についてはさほど重視しません。

だからといって、決して「審査が甘い」とか「審査が緩い」といったことでもありませんで、重視をしているのはその人の「現在」なのです。

たとえ、過去に何らかの手違いで3か月以上の延滞があったとしても、今はその延滞も解消しており、しっかりと働いて収入もあるのであれば、地元密着型の金融業者は審査をして融資をしてくれるでしょう。

誰でも借りれるキャッシングはある?どうしてもお金を借りたい時はどうするべきか

銀行のカードローンや大手消費者金融のキャッシングでは、人によって借りられる場合とそうでない場合があります。

銀行や大手消費者金融によっても異なりますが、まずは年齢制限です。

下限は20歳で、上限は60歳から70歳までばらつきがあります。

次に業者によっては、職業によって借りられないケースがあります。

最近ではあまりありませんが、正社員でないと借りられない業者もなくはありません。

その他、学生や主婦パートやアルバイト、派遣社員の方は、業者によっては貸してくれない場合もありますので注意が必要です。

また、いわゆるブラックリストに掲載されてしまった人も、ほとんどの銀行や大手消費者金融ではお金を貸してくれません。

他社からの借入件数や借入金額が多い場合も、貸してくれないことがありますね。

独自の審査基準を持っているキャッシング会社の方が借りやすい

銀行のカードローンや大手消費者金融のキャッシングよりも借りやすい、それが独自審査をしているキャッシング業者ではないでしょうか。

その人の属性によって融資不可能とするケースが、この業者ではあまりありません。

学生でも主婦でも、無職の人でも返済できる当てがあるなら、独自審査をしているキャッシング業者はお金を貸してくれます。

無職でも返済の当てがあるというのはぴんと来ないかもしれませんが、年金受給者がこれに相当します。

銀行や大手消費者金融では審査で落とされる可能性のある年金受給者も、年金収入でお金を借りられます。

無職で年金をもらってなくても、株で儲けていたり家賃収入があるなど「不労所得」があれば、ちゃんとお金を貸してくれます。

過去にブラックリスト入りした人も借りられることも

また、過去にブラックリストに掲載された人も、独自審査をしているキャッシング業者では比較的お金を貸してくれるようです。

ブラックリストはいわば「過去の遺産」でありますが、独自審査をしているキャッシング業者が重視をしているのは「現在」です。

ブラックリストに掲載されていても、現在ちゃんと仕事をしていて収入がある、借金もちゃんと返済しているなどの条件が整えば、門前払いはありません。

ただし、借金が多すぎたりすると融資してくれない場合がありますよ。

資金繰りに困ってしまった・・・事業の運転資金を借りるにはどうすればいい?

事業を行っていると、資金繰りに苦しむこともあるでしょう。

製造業などでは、原材料費の高騰により仕入れ値があることも珍しくはありません。

製造した商品を納めるにも、相手から値下げを要求されて、応じないと取引を打ち切るなどと言われることも。

商品の代金もすぐには入ってこないことがほとんどで、それまでの資金に窮することもありますよね。

こういった問題は製造業のみならず、あらゆる業種にありうることで、事業を行う際には常に資金繰りの問題が頭をよぎります。

アコムやプロミスなどの大手消費者金融では、原則として事業資金に対してはお金を融資してくれません。

事業専用のカードローン会社もあるが…

最近では、事業専用のカードローン会社もありますが、事業専用だけありましてその規模もかなりなものです。

そこでしたら事業目的でお金を貸してはくれますが、審査はかなり厳しいことを覚悟しなければなりません。

審査においてはあまり個人の事情を酌んではくれず、提出された書類のみで審査を行います。

もちろん書類にうそを書いてはいけませんが、資金繰りに苦しんでいる事業では作成できる書類にいいことはあまり書けません。

その結果、審査落ちしてしまって融資を受けられない、そんな可能性もあります。

地元の貸金業者をチェックしてみよう

より確実に事業の資金繰りを改善したいなら、地元の貸金業者に行くといいでしょう。

大手消費者金融や事業専用の大手カードローン会社とは異なり、地元の貸金業者ではより面談を重視します。

もちろん、全く書類審査をしないわけではなく、決算報告や収支状況を記した書類はしっかりとチェックします。

しかし、地元の貸金業者では個人の事情をより酌んでくれるのです。

その場が面談であり、コンパクトな事務所でしっかりと面談が行われます。

そこで、書類には書けないような熱い思いや個人的な事情などを、事業主はしっかりとアピールできるのです。

その結果、事業主の「人となり」を地元の貸金業者の担当者もしっかりと判断できます。

融資しても大丈夫だと判断されれば、つなぎ資金くらいでしたらすぐに融資をしてもらえますよ。

店の経営に行き詰った!そんな時飲食店がお金を借りる方法とは

飲食店は厨房機器などの初期投資がとにかくかかりますが、それ以外にも賃料や従業員の給料、そして材料費など毎月出ていく費用も結構あるものです。

しかも、食品の原材料費は経済情勢に応じて迅速な値上げを実施しますので、飲食店の事業主にとってはダイレクトに仕入れ値に反映されてしまうのもつらいところですよね。

お店の経営努力にも限界がある以上、お店の経営に苦しんでいる方も多いでしょう。

そんなとき、まずは銀行から融資を受けるという方法がありますが、銀行の融資は時間がかかるうえに審査もかなり厳しいものです。

事業計画をしっかりと提出していないと、銀行の融資の審査通過は望めません。

銀行がだめなら大手消費者金融!でも簡単にはいかない

それならば、気軽にお金を借りられて審査も厳しくなさそうな大手消費者金融という選択肢もありますが、それほど簡単ではありません。

まず、大手消費者金融では事業目的でのカードローンの融資を行っておりません。

事業者向けのカードローンを展開している大手消費者金融もなくはないですが、それは少数派です。

しかも、大手消費者金融も最近では審査が結構厳しくなっており、「審査がやさしい」という以前のイメージはありません。

ヤミ金じゃなくて街金!小規模な貸金業者に目を向けてみよう

そんなとき、ぜひ選択肢に入れてほしいのが「街金」です。

街金というと、怖いお兄さんがいるイメージがありますが、それは「ヤミ金」です。

大手消費者金融が全国に展開をしているのに対して、街金は地域密着型、もしくは1店舗しかないような小規模な貸金業者です。

ヤミ金の場合、必要以上のお金を貸してはその利息で儲けています、が街金は必要以上の金額を融資したりはしません。

もちろん、街金とて無審査でお金を融資するわけではありません。

飲食店の決算書類や現在の収支状況、そして今後の事業の見通しなどを、提出した書類や面談などで業者は審査をしていきます。

そして、「この人は信頼に足る人だ」と判断されれば、銀行と比べてもはるかに迅速に融資がなされます。

10分程度で融資をしてくれる街金もありますよ。

どうしてもお金を借りたい!でも審査が落ちてしまう場合は?

銀行のカードローンや大手消費者金融のキャッシングでは、人によって借りられる場合とそうでない場合があります。
銀行や大手消費者金融によっても異なりますが、まずは年齢制限です。
下限は20歳で、上限は60歳から70歳までばらつきがあります。
次に業者によっては、職業によって借りられないケースがあります。
最近ではあまりありませんが、正社員でないと借りられない業者もなくはありません。
その他、学生や主婦パートやアルバイト、派遣社員の方は、業者によっては貸してくれない場合もありますので注意が必要です。
また、いわゆるブラックリストに掲載されてしまった人も、ほとんどの銀行や大手消費者金融ではお金を貸してくれません。
他社からの借入件数や借入金額が多い場合も、貸してくれないことがありますね。

独自審査をしてくれるキャッシング業者がある

銀行のカードローンや大手消費者金融のキャッシングよりも借りやすい、それが独自審査をしているキャッシング業者ではないでしょうか。
その人の属性によって融資不可能とするケースが、この業者ではあまりありません。
学生でも主婦でも、無職の人でも返済できる当てがあるなら、独自審査をしているキャッシング業者はお金を貸してくれます。
無職でも返済の当てがあるというのはぴんと来ないかもしれませんが、年金受給者がこれに相当します。
銀行や大手消費者金融では審査で落とされる可能性のある年金受給者も、年金収入でお金を借りられます。
無職で年金をもらってなくても、株で儲けていたり家賃収入があるなど「不労所得」があれば、ちゃんとお金を貸してくれます。

ブラックでも借りれることも

また、過去にブラックリストに掲載された人も、独自審査をしているキャッシング業者では比較的お金を貸してくれるようです。
ブラックリストはいわば「過去の遺産」でありますが、独自審査をしているキャッシング業者が重視をしているのは「現在」です。
ブラックリストに掲載されていても、現在ちゃんと仕事をしていて収入がある、借金もちゃんと返済しているなどの条件が整えば、門前払いはありません。
ただし、借金が多すぎたりすると融資してくれない場合がありますよ。

絶対お金が必要、なのにどこからも借りれない。どうすればいい?

「絶対にお金が必要なのに、銀行や大手消費者金融からお金が借りられない」。
そんな経験はありませんか。
そんなときはつい「ヤミ金」が頭をよぎってしまいますが、ヤミ金からお金を借りては絶対にいけません。
ヤミ金以外にも、お金を貸してくれるところはいっぱいあるのですから。

質屋でお金を借りる

まずは質屋です。
質屋というと、今ではブランド品を買い取って販売する、そんなイメージを持っている方もいるかと思いますが、もともとは貸金業者の一種です。
質屋に商品を持っていき、鑑定した上で貸し出す金額を決定、借りた金額に利息を上乗せして期日までに支払えば、商品が戻ってくるというシステムです。
質屋は商品の管理コストがかかるため、例外的に年20%以上の金利が認められています。
利息は支払いたくなくて、商品も「質流れ」にしても構わないというのであれば、借りたお金も利息も返済しなくていいのです。

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

クレジットカードについているキャッシングを利用する手もあります。
キャッシング枠は10万円程度と少ないですが、お手持ちのクレジットカードにキャッシング枠がついていれば、特に審査もなくATMを使ってお金を借りることができます。
ちなみに金利は、大手消費者金融並みの年18%程度です。

質屋でお金になりそうな商品も持っておらず、クレジットカードにキャッシング枠がついていないときには、大手ではない貸金業者という選択肢も残されています。

中小消費者金融で借り入れする

大手ではない貸金業者には様々な種類があり、学生を専門に取り扱う業者や女性を専門に取り扱う業者など、細分化されています。
学生ならば前者を、専業主婦ならば後者を利用するといいでしょう。
専門的な貸金業者だけに、特定の属性に対するノウハウはかなり蓄積されており、これが実際の審査に大きく反映されます。
銀行や大手消費者金融ならば、「収入がない」という理由で門前払いされそうな専業主婦も、女性を専門に取り扱う大手ではない貸金業者なら、専業主婦への貸し出し実績も豊富。
過去の実績と照らし合わせて「貸しても大丈夫」と判断されれば、専業主婦でも融資をしてもらえます。