もう二度とキャッシングできない?ブラックリストに載ってしまった人のキャッシング

よく「ブラックリストに掲載されるとお金が借りられない」といいますが、そもそも「ブラックリスト」とは何なのでしょうか。

消費者金融のキャッシングやクレジットカードなどに申し込むと、貸金業者は「信用情報機関」の登録情報を確認します。

信用情報機関とは、貸金業者が融資をする際に役立つ個人情報を登録している機関のことで、「3か月以上延滞」や「延滞の解消」、「債務整理」に「自己破産」などの情報が登録されています。

上記のような金融事故を起こすと、信用情報機関にその事故の情報が登録されます。

これを俗に、「ブラックリストに掲載される」というのです。

ブラックリストに掲載されたら一生借り入れできない?

ブラックリストに掲載されている間、銀行や大手消費者金融ではお金を貸してくれません。

これはそう決まっているわけではなく、それぞれの銀行や大手消費者金融による「自社基準」です。

過去に金融事故を起こした人は、これからも金融事故を起こす可能性が高いという理由で、上記の貸金業者ではお金を貸してくれないのです。

もちろん、ブラックリストへの掲載は一生消えないわけではなく、最長でも10年間で消えてしまいますので、情報が消えれば銀行や大手消費者金融でも問題はありません。

地元密着型の中小消費者金融であれば貸してもらえるかも?

ではブラックリストの人がお金を借りたい場合、もはやヤミ金に行くしかないのでしょうか。

その前に、「地元密着型の金融業者へ行く」という選択肢もあります。

銀行や大手消費者金融がブラックリストを重視しているのは、属性を重視しているから。

つまり、「掲載されている」属性か「掲載されていない」属性か、これを融資の際の基準としているのです。

しかし、地元密着型の金融業者ではその人の属性や過去についてはさほど重視しません。

だからといって、決して「審査が甘い」とか「審査が緩い」といったことでもありませんで、重視をしているのはその人の「現在」なのです。

たとえ、過去に何らかの手違いで3か月以上の延滞があったとしても、今はその延滞も解消しており、しっかりと働いて収入もあるのであれば、地元密着型の金融業者は審査をして融資をしてくれるでしょう。

資金繰りに困ってしまった・・・事業の運転資金を借りるにはどうすればいい?

事業を行っていると、資金繰りに苦しむこともあるでしょう。

製造業などでは、原材料費の高騰により仕入れ値があることも珍しくはありません。

製造した商品を納めるにも、相手から値下げを要求されて、応じないと取引を打ち切るなどと言われることも。

商品の代金もすぐには入ってこないことがほとんどで、それまでの資金に窮することもありますよね。

こういった問題は製造業のみならず、あらゆる業種にありうることで、事業を行う際には常に資金繰りの問題が頭をよぎります。

アコムやプロミスなどの大手消費者金融では、原則として事業資金に対してはお金を融資してくれません。

事業専用のカードローン会社もあるが…

最近では、事業専用のカードローン会社もありますが、事業専用だけありましてその規模もかなりなものです。

そこでしたら事業目的でお金を貸してはくれますが、審査はかなり厳しいことを覚悟しなければなりません。

審査においてはあまり個人の事情を酌んではくれず、提出された書類のみで審査を行います。

もちろん書類にうそを書いてはいけませんが、資金繰りに苦しんでいる事業では作成できる書類にいいことはあまり書けません。

その結果、審査落ちしてしまって融資を受けられない、そんな可能性もあります。

地元の貸金業者をチェックしてみよう

より確実に事業の資金繰りを改善したいなら、地元の貸金業者に行くといいでしょう。

大手消費者金融や事業専用の大手カードローン会社とは異なり、地元の貸金業者ではより面談を重視します。

もちろん、全く書類審査をしないわけではなく、決算報告や収支状況を記した書類はしっかりとチェックします。

しかし、地元の貸金業者では個人の事情をより酌んでくれるのです。

その場が面談であり、コンパクトな事務所でしっかりと面談が行われます。

そこで、書類には書けないような熱い思いや個人的な事情などを、事業主はしっかりとアピールできるのです。

その結果、事業主の「人となり」を地元の貸金業者の担当者もしっかりと判断できます。

融資しても大丈夫だと判断されれば、つなぎ資金くらいでしたらすぐに融資をしてもらえますよ。

店の経営に行き詰った!そんな時飲食店がお金を借りる方法とは

飲食店は厨房機器などの初期投資がとにかくかかりますが、それ以外にも賃料や従業員の給料、そして材料費など毎月出ていく費用も結構あるものです。

しかも、食品の原材料費は経済情勢に応じて迅速な値上げを実施しますので、飲食店の事業主にとってはダイレクトに仕入れ値に反映されてしまうのもつらいところですよね。

お店の経営努力にも限界がある以上、お店の経営に苦しんでいる方も多いでしょう。

そんなとき、まずは銀行から融資を受けるという方法がありますが、銀行の融資は時間がかかるうえに審査もかなり厳しいものです。

事業計画をしっかりと提出していないと、銀行の融資の審査通過は望めません。

銀行がだめなら大手消費者金融!でも簡単にはいかない

それならば、気軽にお金を借りられて審査も厳しくなさそうな大手消費者金融という選択肢もありますが、それほど簡単ではありません。

まず、大手消費者金融では事業目的でのカードローンの融資を行っておりません。

事業者向けのカードローンを展開している大手消費者金融もなくはないですが、それは少数派です。

しかも、大手消費者金融も最近では審査が結構厳しくなっており、「審査がやさしい」という以前のイメージはありません。

ヤミ金じゃなくて街金!小規模な貸金業者に目を向けてみよう

そんなとき、ぜひ選択肢に入れてほしいのが「街金」です。

街金というと、怖いお兄さんがいるイメージがありますが、それは「ヤミ金」です。

大手消費者金融が全国に展開をしているのに対して、街金は地域密着型、もしくは1店舗しかないような小規模な貸金業者です。

ヤミ金の場合、必要以上のお金を貸してはその利息で儲けています、が街金は必要以上の金額を融資したりはしません。

もちろん、街金とて無審査でお金を融資するわけではありません。

飲食店の決算書類や現在の収支状況、そして今後の事業の見通しなどを、提出した書類や面談などで業者は審査をしていきます。

そして、「この人は信頼に足る人だ」と判断されれば、銀行と比べてもはるかに迅速に融資がなされます。

10分程度で融資をしてくれる街金もありますよ。