キャッシングより確実。無職の人のお金の作り方

無職の人が今すぐお金を作る方法を紹介します。

それは、クレジットカードのショッピング枠の現金化です。

クレカの現金化を実行する条件は3つ。

  • クレジットカードをすでに持っていること
  • 銀行口座を持っていること
  • ショッピング枠が残っている(クレカで買い物ができる状態である)こと

この3つの条件を満たしている、20歳以上であれば無職の方でもお金を作ることができます。

手順は次のとおり。

  • ホームページからクレジットカードの現金化業者に依頼
  • 業者が指定するものをクレジットカードで購入する
  • 業者から、あなたの銀行口座へ振込

以上です。

返済はクレジットカード会社に行うので、心配もありません。

重要なのは業者選び

クレジットカードの現金化で一番重要なことは、換金率の良い業者に依頼することです。

換金率とはクレカで購入した代金に対して、振り込んでもらえる現金のことです。

例えば10万円の品物を業者から購入して、9万5千円振り込んでもらったら、換金率95%です。

しかし中には換金率70%、60%という悪徳業者もいます。

換金されなかった分は、あなたが負担しないといけません。

悪徳業者にひっかかると、返済に苦労します。

比較的換金率が高く、スピーディーに対応してくれるのはこの2社です。

あんしんクレジット

公式ホームページを確認する >

ゴールドラッシュ

ゴールドラッシュ

公式ホームページを確認する >

 

特にあんしんクレジットは、最短10分で振込可能です。

またリボ払いにも対応しているので、返済も不安が少ないのがメリットです。

あんしんクレジット公式ホームページを確認する >

 

無職はやっぱりお金を借りれない?

キャッシングの審査で重要な項目はいくつか存在しますが、その中でも重要な項目の一つが「職業」です。

職業が重要なのは、返済の原資を稼ぎ出す手段だからに他なりませんが、職種によっても借りやすい、借りにくいというのがあります。

返済の原資を稼ぎ出す手段として職業が重視されているなら、無職の人にはお金を貸してくれないと考えがちです。

しかし、無職にもさまざまな方がいらっしゃるので、その人によってはお金を貸してくれる業者もあります。

比較的お金を貸してもらえるのが、専業主婦や年金受給者です。

この両者は、大手消費者金融でも街の貸金業者でも融資してもらえる可能性が高いです。

専業主婦の場合、自らは働いていませんが、その配偶者の収入を自分の収入とみなすことができます。

年金受給者も、年金収入を収入とみなしてもらえるケースが多いです。

それ以外、労働による収入を得ていない方も、お金を貸してもらえる可能性があります。

不労所得があると無職でもお金を貸してもらえる?

家賃収入を得ている方や株で利益を出している方などがそうで、「不労所得」を証明する書類を提出できれば、特に街の貸金業者でお金を貸してもらえる可能性が高いです。

大手消費者金融では、不労所得は認められにくい傾向にあります。

学生の場合、大手消費者金融はアルバイトをしていることが重要ですが、学生ローンなどでは学生の収入ではなく、保護者の収入が重視されます。

お金を借りやすい職業は?

最も借りやすいのは公務員で、やはりよほどのことがなければ解雇されないのが、安定した返済を望む消費者金融や街の貸金業者から見ると大変に魅力的です。

世間一般にお金を稼ぐイメージがある、医者や弁護士も借りやすい職業といえます。

サラリーマンも、比較的お金を借りやすい職業ですね。

公務員と比べれば解雇の可能性は高いものの、正社員であればそれなりの収入は望めますし、解雇もそうはありません。

それ以外の雇用形態である派遣社員やパート、アルバイトの方も、かつてよりは消費者金融や街の金融業者で融資を受けやすくなりました。